前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] そんな未来はウソである 第1話

別冊少年マガジン2009年10月号(創刊1号)に掲載されている「そんな未来はウソである」Vol.1『ひょっとして』の感想です。

桜場コハル 「そんな未来はウソである」 第1話 扉絵
「そんな未来はウソである」第1話・扉絵

以下、マンガの内容に触れています。未読の方はご注意ください。


概要

桜場コハル先生の新作「そんな未来はウソである」の連載がいよいよ始まりました。ヤングマガジン2009年No.41の告知には「超能力少女×超能力少女!」というキャッチコピーがあり、バトル物なのか百合モノなのか判断がつきませんでしたが、第1話を読んだ印象は後者に近いかも。ただ、そうは言っても、ガチ百合という感じではありません、念のため(笑)。超能力を持った少女二人の関係を主軸にして、日常的で、ほんわかまったりした学園生活を描いていくといった感じです。担当編集さんが書いた「あおり文」や「柱文」が、それを的確に表現しています。
新感覚学園ショートコメディ新連載!!
扉ページのあおり文①

フツーの高校生活に迷い込んだ
ふたつの異次元の力・・・・・・
扉ページのあおり文②

現実的リアルなのに・・・幻想的ファンタジックな12P
扉ページの柱文
ページ数は12ページと少なめで、扉絵やコマ割、背景等の描き込みは「みなみけ」を踏襲。新連載を始めるということで、「みなみけ」執筆活動への影響が心配されましたが、気張って無理して描いているような印象も無く、月一連載だし大丈夫でしょう。

キャラクター

今回登場した名前ありのキャラクターは3人だけ。モノローグやセリフ等から、三人とも高校1年生。物語の時期は入学直後と思われます。舞台となる高校が女子校なのか共学校なのかは不明。P.269の4コマ目のモブキャラが男子なのか女子なのか、はっきりしません。

桜場コハル 「そんな未来はウソである」 第1話 大橋 名字は大橋。第1話の段階では下の名前は不明。「人と目を合わせると、その人の未来がちょっと見えてしまう」というプレコグニション能力の持ち主。自分の能力に戸惑っている節があるが、前の席に座っている江口に話しかけられた際、ついその力を使ってしまう。江口からは占い好きと誤解されことなきを得たが、隣の席の佐藤にウソだと気付かれてしまう・・・。

見た目は「みなみけ」のチアキだけど、性格は正反対のオドオド気弱系。コハル先生の作品では非常に珍しいタイプ。こういった性格のキャラは、トウマのクラスメイトの黒髪ロングヘアー少女以来かな。
桜場コハル 「そんな未来はウソである」 第1話 佐藤 名字は佐藤。たぶん二人目の主人公。下の名前は不明。大橋の右隣の席に座っている。「他人がウソを言うと、ウソだとすぐにわかってしまう」という、一種のテレパシー能力を有する少女。大橋が江口に話した内容に不審を感じた彼女は、それを確認するため大橋に話しかる・・・。

外見はロングヘアーのトウマで、性格はそのまんま強気系。今後どこかでデレそうな予感。
桜場コハル 「そんな未来はウソである」 第1話 名字は江口。下の名前は不明。大橋と佐藤のクラスメイトで、大橋の前の席に座っている。俯きかげんな大橋のことを心配して話しかける。

ぱっと見は短髪の内田で、性格も明るく大雑把な感じ。ドジッ娘成分も入っていそう。

ストーリー

桜場コハル 「そんな未来はウソである」 第1話 高校入学直後の1年生の教室。他人と目を合わせると、その人の未来が見えてしまうと言う大橋は、極力、人と目を合わせないようにしていた。そんな折り、大橋の様子がおかしいことに気付いた江口。心配して大橋に話しかけたところ、唐突に「『黒井ぼうしの人』に気をつけた方がいいよ」と言われ、大橋のことを占い好き少女と誤解する。

桜場コハル 「そんな未来はウソである」 第1話 大橋の隣に座っている佐藤。彼女もまた超能力の持ち主であった。その能力とは他人がウソをつくと、それがウソだとわかってしまうというもの。大橋と江口の会話を横で聞いていた彼女は、大橋が変わったウソのつきかたをしたことに興味を持つ。そして、「私も占ってもらえる?」と大橋に話しかけたところ、おどおどした態度の大橋から「白いぼうしから目を離すと取り返しのつかないことになる」という回答を得る。しかし、佐藤は自前の能力を使い、大橋の言葉をウソだと断定。「あんたそれで人を騙す気あるの!?」と叱りつける。

一方、大橋にしてみれば、あまり具体的なことを言うと怪しまれると思い、意図的にぼかしてアドバイスしたのであるが、ウソと言われれば確かにウソ。本当のことを伝えていないのは事実である。大橋は恐縮して、佐藤に謝罪するが・・・。

桜場コハル 「そんな未来はウソである」 第1話 下校途中、校内で噂のおいしいソフトクリームの店に向かう佐藤。今さっき大橋の占いをウソだと断定したものの、「黒いぼうしと白いぼうし」というフレーズが頭の片隅から消えないようすだ。そして、その事件は起きた。おいしいソフトクリームを買い、それをうっとり眺める江口。前から近付いて来る男性に気付かず、すれ違いざまにぶつかり、ソフトクリームを地面に落としてしまったのだ。しかも、その男性が被っていたぼうしの色は、大橋が言っていた「黒」。

たまたま、その一部始終を見ていた佐藤は、まさかの展開に愕然となる。更に、驚くべきことはそれだけではなかった。その直後、佐藤もまた手にしていたソフトクリームを地面に落としてしまう。「白いぼうしから目を離すと取り返しのつかないことになる」。大橋の占いに出て来た「白いぼうし」とはソフトクリームのことだったのだ・・・。

感想

第1話の感想を一言でいうと、いかにもコハル先生らしい日常系エスパー少女の物語。登場キャラの会話には「みなみけ」で培われた絶妙な間合いが反映。そして、作品全体に流れる不思議な雰囲気は、どこか懐かしいジュブナイル小説を彷彿させます。

少年誌での日常系エスパー少女の物語というと、「エスパー魔美」を真っ先に思い出しますが、「エスパー魔美」の主人公・佐倉魔美が積極的に能力を使っていこうという姿勢なのに対して、「そんな未来はウソである」の主人公の二人は能力に戸惑い、どちらかというと隠そうというスタンス。「七瀬ふたたび」に近いですね。くしくも、大橋のプレコグニション能力と佐藤のテレパシー能力は、「七瀬ふたたび」の岩淵恒夫と火田七瀬と一緒ですし。

ただ、「そんな未来は―」は「ショートコメディ」ということなので、「孤独なエスパーたちの出会いと絆」は描かれることはあっても、壮絶な「戦い」は無さそう。読者もそれを望まないでしょう(笑)。戦いよりも、ガチ百合を!バキッ!!☆/(x_x)

創刊記念プレゼント

別冊少年マガジン創刊記念ということで、アンケートに答えた人の中から抽選でプレゼントが当たります。「そんなウソ―」関係ではクオカ(「どうぶつの国」とセット)が10名様に!応募は巻末に記載されているケータイサイトで受付中。応募期間は2009年10月8日PM9:00迄です。

別冊少年マガジン2009年10月号(創刊1号) 特製クオカ2枚組
別マガ特製クオカ2枚組

別冊少年マガジン創刊号の表紙&次号予告

本屋やコンビニで別マガ創刊号を探す際には、この表紙が目印です。表紙左上には「そんな未来はウソである」のカラーイラストも印刷されています。

別冊少年マガジン2009年10月号(創刊1号) 表紙&背表紙
表紙&背表紙
別冊少年マガジン2009年10月号(創刊1号) 表紙
表紙の部分拡大

次号「別冊少年マガジン」創刊第2号は2009年10月9日(金)の発売。
今回は特別定価ということで380円(税込)でしたが、次号は500円(税込)となりますのでご注意を!

【関連記事】
■ [レビュー] そんな未来はウソである 第1巻 (KCデラックス)
■ 「みなみけ」「今日の5の2」「そんな未来はウソである」関連記事まとめ (記事目録)

■ [マンガ感想] そんな未来はウソである 第2話
■ そんな未来はウソである キャラクター呼称表

■ [レビュー] 桜場コハルSpecial Booklet
■ [マンガ感想] みなみけ 第134話 「自己PR」
■ [レビュー] グッドスマイルカンパニー みなみけ ねんどろいど 南千秋
■ [アニメ感想] 今日の5の2 宝箱 (DVD付き漫画文庫)
■ [アニメ感想] みなみけ べつばら (コミックス第6巻・DVD付き初回限定版)
■ [DVDレビュー] みなみけ おかえり 第4巻 (初回限定版)

■ 「みなみけ」「今日の5の2」ほか、桜場コハル作品に登場する大人キャラ
■ みなみけ(原作) チアキの「バカ野郎」発言に関するまとめ
■ みなみけ(原作) 下着回に関するまとめ
■ みなみけ(原作) 南家三姉妹の登場回に関するまとめ
■ みなみけ(原作) キャラクターの本編登場回数を調べてみた
■ みなみけ(原作) キャラクターの扉絵登場回数を調べてみた
■ みなみけ(原作) アツコがトウマを男の子と勘違いするに至った経緯

■ 「今日の5の2」 田中ハルカに関するまとめ PART2 (OAD編)
■ 「今日の5の2」 田中ハルカに関するまとめ
■ 「今日の5の2」漫画文庫と単行本の違いを調べてみた

【関連サイト】
■ 桜場コハル (Wikipedia)



以下のリンクは広告となります。

そんな未来はウソである(1) (KC DX)

そんな未来はウソである(1) (KC DX)

Amazon.co.jpで見る

   

別冊少年マガジン 2009年 10月号 [雑誌]

別冊少年マガジン 2009年 10月号 [雑誌]

Amazon.co.jpで見る

   

別冊少年マガジン 2009年 12月号 [雑誌]

別冊少年マガジン 2009年 12月号 [雑誌]

Amazon.co.jpで見る

   

CD付き みなみけ8巻 限定版

CD付き みなみけ8巻 限定版

Amazon.co.jpで見る

スポンサーサイト

| そんな未来はウソである | この記事のURL | comments:4 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

まだ読んでませんが、
雰囲気は今までのコハル先生の作品と近いようですね。
ページ数も無理のない感じなので安心しました。
しかし、見た目チアキがオドオドすると違和感ありますねww

| ケンぞー | 2009/09/12 | URL

◆ケンぞーさんへ
> まだ読んでませんが、
> 雰囲気は今までのコハル先生の作品と近いようですね。
> ページ数も無理のない感じなので安心しました。

大胆な新機軸マンガではありませんが、掴みはOKですね。
別マガの中では一番面白かったです。

> しかし、見た目チアキがオドオドすると違和感ありますねww

大橋を敢えてチアキ似にしたのは、ギャップ萌え狙いでしょうかw

| 三四郎. | 2009/09/12 | URL

>バトル物なのか百合モノなのか判断がつきませんでしたが、第1話を読んだ印象は後者に近いかも。ただ、そうは言っても、ガチ百合という感じではありません、念のため(笑)。

今後に期待です(*´Д`)

>少年誌での日常系エスパー少女の物語というと、「エスパー魔美」を真っ先に思い出しますが

これは懐かしいタイトルをw今の学生さんは知らないんじゃないでしょうかww

大橋は、チアキのようではありますが、アップだとヒトミちゃんっぽくもありますね、前髪のあたりとか。
キャラの名前が、苗字or名の、どちらかのみ判明しているというのは、コハル作品の味なんでしょうか。

>「あんたそれで人を騙す気あるの!?」
このあたりの台詞回しが、いかにもって感じで好きですw

| 長男 | 2009/09/12 | URL

◆長男さんへ
> >バトル物なのか百合モノなのか判断がつきませんでしたが、第1話を読んだ印象は後者に近いかも。ただ、そうは言っても、ガチ百合という感じではありません、念のため(笑)。
>
> 今後に期待です(*´Д`)

雰囲気的には、いい感じですよね。強気系少女×弱気系少女で。(*´Д`*)

> >少年誌での日常系エスパー少女の物語というと、「エスパー魔美」を真っ先に思い出しますが
>
> これは懐かしいタイトルをw今の学生さんは知らないんじゃないでしょうかww

アニメのDVD(単巻)が発売されていますが、全部で20巻もあり買えませんorz

> 大橋は、チアキのようではありますが、アップだとヒトミちゃんっぽくもありますね、前髪のあたりとか。
> キャラの名前が、苗字or名の、どちらかのみ判明しているというのは、コハル作品の味なんでしょうか。

なるほど!髪型が誰かに似ていると思っていたのですが、ヒトミちゃんだったのですね。

> >「あんたそれで人を騙す気あるの!?」
> このあたりの台詞回しが、いかにもって感じで好きですw

P.271で江口がソフトクリームを落とす場面は、セリフ無しの擬音だけで描いていて
ここらへんもコハル先生らしいですね。

| 三四郎. | 2009/09/12 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/247-2ca73a55

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事