三四郎雑記2nd

[アニメ感想] Phantom~Requiem for the Phantom~ 第11話 「襲名」

第11話 「襲名」

Phantom~Requiem for the Phantom~ 第11話 「襲名」

アニメや原作ゲームの内容に触れています。ネタバレにご注意ください。

あらすじ

第11話のあらすじはテレビ東京・あにてれ Phantom~Requiem for the Phantom~から引用しておきます。

偶然にもインフェルノのファントムが手を下した暗殺現場を目撃してしまった玲二。その代償は余りにも大きかった。過去は奪われ、暗殺者として訓練された玲二は、彼の才能に目を付けたサイス・マスターの思惑通り、アインと共に驚くべきスピードで暗殺者としての道を駆け抜ける・・・。そう、クロウディアに渡されたパスポートをきっかけに彼の記憶が甦るまでは・・・。
クロウディアは彼の自己を呼び覚まし、例え組織の中にいても自由があると彼の意思を突き動かす。彼女は玲二を寵愛し、インフェルノとは関係のない独自の任務に彼を起用する。また、秘密裏にヤクザと接触を図るなど、次第に彼女の不穏な部分が見え隠れすることに・・・。それらの不可解な行動は、すべて彼女のある復讐心に起因するのだった。今ここに閉ざされたクロウディアの過去と思惑が明かされる。

ストーリー&感想

第11話は、これまでの総集編+クロウディア過去話+玲二のファントム襲名という構成でした。ゲームでいうところの第1章と第2章をつなぐ回で、サブタイトルこそ「襲名」となっていますが、メインはクロウディアの過去話。クロウディアを突き動かしてきた行動原理にスポットを当てています。内容的にはほぼ原作に準拠しているのですが、総集編と織り交ぜて描くことで、彼女の立ち位置がより明確になっていたと思います。何しろゲームではミスリードが強烈で、第2章の終盤になるまで、真の裏切り者がクロウディアであることに気付けませんでしたからw

Aパート

Aパートは第1話第8話(前半)の総集編に、クロウディアの現在と過去を織り込んでいます。

なお、この感想記事では新作パートのみをとりあげ、総集編パートは割愛します。総集編パートの中にも時々新作カットが挿入されていましたが、それもスルーさせていただきます。

※アインがリズィの銃弾を受けるカット等

Phantom~Requiem for the Phantom~ 第11話 「襲名」

このシーンはサブタイトル表示前のパートで、前回ラストの続きです。玲二がサイスに撃たれて海にどぼん、瀕死の重傷を負った状態で海岸に流れ着くというアニメオリジナルの展開。

原作ゲームの玲二はサイスの銃弾を避けて海に飛び込み、その際に「なぜ避けたんだ、そうまでして生きていたいのか、この手でエレンを撃っておきながら・・・」と自分を責め立てるのですが、そのモノローグは完全に削除。また、この状況でどうやって助かったのかも描かれていないため、まったくもって意味不明のシーンになってしまいましたね。

Phantom~Requiem for the Phantom~ 第11話 「襲名」

クロウディアが弟・ロメロの墓参りに向かうシーン。ゲームには無いアニメオリジナルの描写です。

Phantom~Requiem for the Phantom~ 第11話 「襲名」

クロウディアとリズィの会話から、クロウディアと弟・ロメロの過去話に突入。過去話で語られている内容は、ほぼ原作ゲーム準拠です。ちなみに、ゲームではクロウディアと玲二の会話(アニメでいうと第8話に相当)の中に登場します。

クロウディア「昔、私がいたファミリーはね・・・もうないの。潰されたのよ、インフェルノに。残ったのは私だけ・・・」 (ゲーム内のセリフ)

ただ、アニメとゲームで大きく異なる点があり、それはロメロの死因です。アニメではワイズメルとの抗争で死亡したことになっていましたが、ゲームではクロウディア自身が弟を殺しています。しかも姉弟でありながら、二人には禁断の愛があったという設定。TVアニメというかテレ東アニメなので自主規制したのかもしれませんが、クロウディアの悪女っぷりが大幅にスケールダウンしたことは否めません。(´・ω・`)

Bパート

Bパートは第8話(後半)~第10話の総集編に、事件から3ヶ月後のファントム襲名を加えた内容。前述したとおり、サイスの銃弾を受け海岸に打ち上げられた玲二が、どのように救助されたのかが全く描かれていません。

ゲームではサイスの銃弾を避けて海に落ちた後、リズィに引き上げられ、その直後に“ファントム”襲名という展開になっています。ところが、アニメでは後述する変な儀式を描くために、そういった描写が全て吹き飛ばされてしまいました。始めに変な儀式ありきでシナリオを書き、そこから逆算して海岸に打ち上げられるという展開を思いついたのでしょう。┐(´ー`)┌ヤレヤレ

Phantom~Requiem for the Phantom~ 第11話 「襲名」

サイス逃亡から3ヶ月後。インフェルノの幹部会で、勢力拡大の成果について報告するクロウディア。このシーンはアニメオリジナルです。ファントム襲名を先延ばししたため、尺かせぎ的に挿入したものと思われます。

Phantom~Requiem for the Phantom~ 第11話 「襲名」

幹部会終了後のマグワイヤとワイズメルの会談シーン。この描写自体はアニメオリジナルですが、語られている内容はゲームから持ってきています。具体的に言うと、クロウディアと玲二の会話(アニメでいうと第8話に相当)がそれです。

ナレーション「他の二人の幹部、マグワイヤとワイズメルはいつも複数のボディガードや運転手に囲まれている。だが一方、彼らと同じインフェルノの幹部であるクロウディアは、常にリズィ一人しか従えていない」
クロウディア「私は・・・結局、インフェルノの実力行使を仕切る立場の人間でしょう?そういう役目は、どこの組織にも属さない人間にしか果たせないわ。インフェルノが全ての加盟者に対して公平であるためには、ね」
ナレーション「インフェルノという組織の中でクロウディアは孤立無援なのだ。暗黒街の野心家たちが共通の利益を求めて集まった組織インフェルノ。だが、クロウディアは何の利益も得られない。彼女がバックボーンとなる組織を持たないからだ。つまり、インフェルノの内部では野心の持ちようがない。だからこそ、彼女は信頼されている。背任や職権を乱用したところで、何ら得られるものはないのだから。完全中立の第三者・・・言い換えれば、蚊帳の外の雇われ者」 (以上、ゲームから)
Phantom~Requiem for the Phantom~ 第11話 「襲名」

東京の料亭で、逃走したサイスと面会する梧桐組の志賀。このシーンもアニメオリジナルとなりますが、梧桐組が裏でサイスとつながっていた件は、ゲーム第2章の終盤でさらりと触れられています。つまり、このシーンはサイスがインフェルノに復帰して、クロウディアの計画が頓挫することの伏線と言えます。

Phantom~Requiem for the Phantom~ 第11話 「襲名」

Aパートにあったクロウディアの過去話の続き。もちろんアニメオリジナルで、インフェルノに対する復讐を誓ったクロウディアを描いているのでしょう。

Phantom~Requiem for the Phantom~ 第11話 「襲名」

玲二のファントム襲名シーンですが・・・。
(ノ∀`) アチャー ついにやってしまいましたか、原作ゲームの改悪を。
これ何ていうソルダ?玲二は「真のファントム」ですか?

正直これは無いわ。インフェルノって、こういった儀式的なことをする組織じゃない。伝統的なマフィアとは対極に位置する、マフィア界の新興改革勢力なのに・・・。

ちなみにゲームでは、海に落ちた玲二がリズィに引き上げられ、その直後にマグワイヤとクロウディアが到着。状況を確認したマグワイヤが、玲二にファントムを襲名させるという展開です。

マグワイヤ「今後とも、インフェルノに尽力して欲しい。頼んだぞ、ファントム」
玲二『・・・え?・・・何を言ってるんだ、この人は・・・?ファントム・・・そう呼ばれていた女の子はもういないんだ・・・ついさっき、この手で・・・』
マグワイヤ「何か不思議かね?あれだけ凄まじい腕前を誇った先代のファントムを彼は、たった一人で屠り去った。今この場から、彼をファントムを呼ぶことに何の支障がある?」
リズィ「そりゃ、まぁ、確かに」
クロウディア「襲名させるのですね。彼に」
玲二『・・・よりによって・・・ファントムだって・・・?傑作だよ・・・最高の・・・。お笑いだ』
(以上、ゲームより)

アニメとは違い、絶望の最中に舞い降りてきたファントム襲名。このモノローグには、絶望を通り越してもはや笑うしかない玲二の気持ちがよく表れています。まあ、アニメもネタ的には面白いけど、世界観をぶち壊しすぎて、それこそもはや笑うしかないw

次回予告

Phantom~Requiem for the Phantom~ 第11話 「襲名」

次回はついにキャル登場!!.ヽ(≧▽≦)ノ.

第1話のラストにもちらっと映ってたけど、声付き映像はこの予告が初めてですね。ゲームのこおろぎキャルも良かったけど、沢城キャルもなかなかカワユス

銃器チェック

第11話に登場した銃器(総集編パートを除く)を適当に鑑定しておきます。何かお気付きの点がありましたらコメントください。

ツヴァイのオート①

Phantom~Requiem for the Phantom~ 第11話 「襲名」
ツヴァイのオート①

ベレッタM92シリーズの現行モデル・ベレッタM92FS。キャプチャ画像はホールドオープンして、バレルがむき出しになった状態。この銃はショートリコイル機構なので、作画ではそれを踏まえて、マズル先端とスプリングガイドの先端がほぼ一直線になっている。

ワイズメルのリボルバー

Phantom~Requiem for the Phantom~ 第11話 「襲名」
ワイズメルのリボルバー

若かりし日々のワイズメルが使っていたリボルバーは、バレル、シリンダー(フルート)等の形状からS&W M29のステンレスモデル・S&W M629

ロメロのオート

Phantom~Requiem for the Phantom~ 第11話 「襲名」
ロメロのオート

全体のシルエット、トリガーの形状からコルト ガバメントのバリエーションまたはクローン。雰囲気的にPara Ordnance P14・45シリーズっぽいんだけど、気になるのはリアサイトが前寄りに付いている点。

ロメロの仲間のオート

Phantom~Requiem for the Phantom~ 第11話 「襲名」
ロメロの仲間のオート

これもコルト ガバメントのバリエーションまたはクローンモデル。キャプチャ画像を見ると、ハンマーがリングハンマーなのでコルト コンバット コマンダーあたりか?スライド後部に掘られている溝が違っているけど。

ワイズメルの仲間のオート

Phantom~Requiem for the Phantom~ 第11話 「襲名」
ワイズメルの仲間のオート

これは鑑定が難しい!この絵から見て取れる特徴は

  1. フレイムの先端とスライドの先端下部が削られている。
  2. やや大きめのスライドストップ。(この位置でスライドストップの役目を果たせるのか疑問だけどw)
  3. グリップにビーバーテイルが無い。
  4. スライド後部(側面)にセフティらしきパーツが描かれている。
  5. トリガーを引いたら、スライドだけでなくフレイムの先端も一緒に後退w

といったところ。⑤はとりあえず無視して、②も作画の影響と考えると、全体の印象からはスタームルガー P85に見えなくもない。以前にも登場したことのあるS&W M39シリーズの可能性も高そう。

敵対組織のSMG

Phantom~Requiem for the Phantom~ 第11話 「襲名」
敵対組織の男のSMG

敵対組織の男が使っていたSMGは、シルエットからIMI UZI

ツヴァイのオート②

Phantom~Requiem for the Phantom~ 第11話 「襲名」
ツヴァイのオート②

“ファントム”を襲名したツヴァイのオートは、スライド先端部の形状やセイフティの位置からベレッタM92FS。念のため、手元にあった安物のエアガンと比較してみたら、マズルの位置が下寄りに描かれているw

関連記事

アニメ感想記事は直近の5話分だけリンクを張ってあります
■ [アニメ感想] Phantom~Requiem for the Phantom~ 第10話 「終幕」
■ [アニメ感想] Phantom~Requiem for the Phantom~ 第9話 「名前」
■ [アニメ感想] Phantom~Requiem for the Phantom~ 第8話 「急変」
■ [アニメ感想] Phantom~Requiem for the Phantom~ 第7話 「過去」
■ [アニメ感想] Phantom~Requiem for the Phantom~ 第6話 「大火」
■ [コミックスレビュー] ファントム~Requiem for the phantom~ 第1巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
■ [マンガ感想] ファントム・コミックアンソロジー (角川ドラゴンコミックス)
■ [マンガ感想] ファントム~Requiem for the phantom~ 第4章 (コミックアライブ2009年6月号)
■ [マンガ感想] ファントム~Requiem for the phantom~ 第3章 (コミックアライブ2009年5月号)
■ [マンガ感想] ファントム~Requiem for the phantom~ 第2章
■ [マンガ感想] ファントム~Requiem for the phantom~ 第1章
■ [フィギュアレビュー] バンダイ ニトロプラスコレクション ファントム-PHANTOM OF INFERNO- アイン
■ [フィギュアレビュー] バンダイ ニトロプラスコレクション ファントム-PHANTOM OF INFERNO- ドライ
■ ニトロプラスの「ファントム」がTVアニメ化決定

関連サイト

ニトロプラス10周年記念 ファントムプロジェクト「ファントム」 (TVアニメ公式)
■ Phantom~Requiem for the Phantom~ (TV東京・あにてれ)
■ 月刊コミックアライブ オフィシャルサイト (メディアファクトリー公式)
ファントムシリーズ (ニトロプラス公式)
Phantom -PHANTOM OF INFERNO- (DVD VIDEO GAME公式/デジターボ)
ファントム-PHANTOM OF INFERNO- (PS2版公式/プリンセスソフト)
Phantom -PHANTOM OF INFERNO- (Wikipedia)
ファントム -PHANTOM OF INFERNO- シリーズ 銃火器データベース (MEDIAGUN DATABASE)

[PR]

Phantom ~Requiem for the Phantom~ Blu-ray BOX
スポンサーサイト



三四郎.
Posted by三四郎.

Comments 4

There are no comments yet.

長男

>これ何ていうソルダ?玲二は「真のファントム」ですか?
私もココ噴きましたw
原作知らない私でも、少々違和感感じましたし。
真下監督の好みなんですかねぇ?こういうのが。

>沢城キャルもなかなかカワユス♥
中の人沢城さんなんですね。萌えもそうですが、純粋に演技的な意味で期待しています、はい。
とにかく、沢城さんの泣くシーンに期待(*´Д`)

>銃器チェック

今回もM92Fsがカッコイイw純粋な1枚絵としても、上手い絵だと思います。

>雰囲気的にPara Ordnance P14・45シリーズっぽいんだけど、気になるのはリアサイトが前寄りに付いている点。
これだけでは、GM系のモデル特定は不可能っぽいですね…w
せめてグリップセフティがビーバーテイルか否かくらい、判別できる画がほしかったですね。
それでも、パラオードナンスか、スプリングフィールドか、刻印ナシで判別できるのは神の領域な気もしますがw
作画のクオリティ的に、このあたりは外注分なんじゃないでしょうかね、リアサイトの位置とか、気にしないほうがいいかもしれないですw

仲間のオートはコマンダーで間違いないと思います。
が、フルサイズモデルでリングハンマーもあるんですよねえw
でも、ここまで考えてたらキリがないので、これはコマンダーにしましょうw

>ワイズメルの仲間のオートは鑑定が難しい!
これは…う~ん…w
スタームルガーのオートは、スライドとスライドストップが重なっている面積が多い位置に付いているので、違うかなと思います。
フレームの先端から、トリガーガードまでの側面のラインが、S&Wのオートっぽく見えます。
セフティも、よく見えないですけど、スライド側面にあるようにも見えるので、作画のバランスが悪いだけで、S&Wのオートのどれかというオチな気がしますw

今までの傾向(?)として、系統がシリーズ化されているポピュラーな銃は、ベーシックな古いタイプの銃が多い気がするんです。
noirでは、やられ役の人達が、変な銃使ってる人が多くて面白かったですがw

ところで主人公サイドが使う銃は、アニメでもゲームでも、あまり凝った銃は出さない、使わせないようにする、という話を聞いたことがあります。
コスプレイヤーさんが困るから、という理由だとかw

2009/06/14 (Sun) 12:04

SHUMA

>次回はついにキャル登場!!.ヽ(≧▽≦)ノ.
キャルちゃん可愛い!!!!!!!!しかも沢城・・・だと・・・
惚れてまうやろぉーーーーーーーーーーーー!!!!

しかし今回の話は総集編な感じで退屈でした。というかレイジ、至近距離であれだけ撃たれて海へドボンしたというのに浜辺で倒れてるシーンで何故血が流れていない・・・監督だめだよ(´・ω・`)

2009/06/14 (Sun) 16:30

三四郎.

◆長男さんへ
> >これ何ていうソルダ?玲二は「真のファントム」ですか?
> 私もココ噴きましたw
> 原作知らない私でも、少々違和感感じましたし。
> 真下監督の好みなんですかねぇ?こういうのが。

おそらく、あれでも相当抑えた表現なのでしょうねw

> >沢城キャルもなかなかカワユス♥
> 中の人沢城さんなんですね。萌えもそうですが、純粋に演技的な意味で期待しています、はい。
> とにかく、沢城さんの泣くシーンに期待(*´Д`)

そして第3章では、つつじ@ソラカケ以上の上から目線少女にw

> 今回もM92Fsがカッコイイw純粋な1枚絵としても、上手い絵だと思います。

毎回メカ作監がいるだけあって、1枚絵のクオリティは高いですねぇ。

> これだけでは、GM系のモデル特定は不可能っぽいですね…w
> せめてグリップセフティがビーバーテイルか否かくらい、判別できる画がほしかったですね。
> それでも、パラオードナンスか、スプリングフィールドか、刻印ナシで判別できるのは神の領域な気もしますがw
> 作画のクオリティ的に、このあたりは外注分なんじゃないでしょうかね、リアサイトの位置とか、気にしないほうがいいかもしれないですw

このアニメ、ガンヲタもけっこう見ていると思うので、公式サイトに銃器設定も載せて欲しいです~

> 仲間のオートはコマンダーで間違いないと思います。
> が、フルサイズモデルでリングハンマーもあるんですよねえw
> でも、ここまで考えてたらキリがないので、これはコマンダーにしましょうw

ゲームには登場しない銃が多いのですが、これはメカデザイナーの趣味なのでしょうかw

> これは…う~ん…w
> スタームルガーのオートは、スライドとスライドストップが重なっている面積が多い位置に付いているので、違うかなと思います。
> フレームの先端から、トリガーガードまでの側面のラインが、S&Wのオートっぽく見えます。
> セフティも、よく見えないですけど、スライド側面にあるようにも見えるので、作画のバランスが悪いだけで、S&Wのオートのどれかというオチな気がしますw

自分もS&Wを疑ったのですが、ビーバーテイルが無いのでスタームルガーにしてみました^_^;
スライドストップの位置もスタームルガーにしては変ですが、作画が手抜きしたと判断してw

> 今までの傾向(?)として、系統がシリーズ化されているポピュラーな銃は、ベーシックな古いタイプの銃が多い気がするんです。
> noirでは、やられ役の人達が、変な銃使ってる人が多くて面白かったですがw

そういえば、ノワールの最後の方にOrdnanceのリボルバーが出てましたね。
DVDのブックレット見返したら、霧香の銃はPPK、GLOCK26を押しのけM1934、
ミレイユの方は監督の意向でP99になったとか。GLOCKを使う霧香も見てみたかった~

> ところで主人公サイドが使う銃は、アニメでもゲームでも、あまり凝った銃は出さない、使わせないようにする、という話を聞いたことがあります。
> コスプレイヤーさんが困るから、という理由だとかw

ノワール放送終了後にWAからM1934が発売されたのは、ベレッタのラインナップ拡充と
レイヤー需要を見込んでのものだったのでしょうか?いやまさかw

個人的に、主人公サイドの使う銃で一番面白かったのはナジカ電撃作戦ですね。
ナジカのスチェッキン、リラのデザートイーグル(10インチバレル)という組合せです。
ナジカはベレッタTOMCAT32 AUTOも使ってましたっけw
とにかく、スタッフのガンヲタっぷりが最高でしたw

2009/06/14 (Sun) 17:06

三四郎.

◆SHUMAさんへ
> キャルちゃん可愛い!!!!!!!!しかも沢城・・・だと・・・
> 惚れてまうやろぉーーーーーーーーーーーー!!!!

第2章はキャルのターン。\(^O^)/
キャルを助手にして一緒に暮らし、キャルの手料理を食べられる玲二ウラヤマシス(´・ω・`)

> しかし今回の話は総集編な感じで退屈でした。というかレイジ、至近距離であれだけ撃たれて海へドボンしたというのに浜辺で倒れてるシーンで何故血が流れていない・・・監督だめだよ(´・ω・`)

総集編にしたのは、クロウディア過去話とファントム襲名だけでは尺が足りず苦し紛れって感じです。
その影響で、海岸に流された玲二がまったくもって意味不明にw

2009/06/14 (Sun) 17:16
  • コメントは承認制です。管理人が内容を確認するまで公開されません。コメント公開まで時間がかかることがありますが、ご了承ください。
  • 記事内容と関係のない宣伝コメントやスパムコメントは予告なく削除します。
  • 「SECRET」にチェックを入れると非公開コメントになり、管理人だけが閲覧できます。非公開の理由を考慮し、SECRETコメントには返信をしていません。

Trackbacks 4

Click to send a trackback(FC2 User)
  • トラックバック(TB)は承認制です。管理人が内容を確認するまで公開されません。TB公開まで時間がかかることがありますが、ご了承ください。
  • 記事内容と関係のないTBは予告なく削除します。
この記事へのトラックバック
  • 新展開を見せながらの総集編って感じ。 ツヴァイ生きてましたね… 4発ぐらいサイスに食らわなかった? 前回の抗争から3ヶ月。 狡猾クロウディアはさらに偉くなっちゃって(^_^;) 彼女は復讐のためにこの世界、インフェルノに入ってきたんですね。 女の執念でここ...

    2009.06.14 (Sun) 18:28 | のらりんクロッキー
  • アニメ バスカッシュ! 第11話 「イン・ザ・ナイト・ビフォア」 バスカッシュ shoot.1 [Blu-ray]バスカッシュ shoot.2 [Blu-ray]バスカッシュ shoot.3 [Blu-ray...

    2009.06.15 (Mon) 08:14 | アニマニの部屋
  • ツヴァイはとっても頑丈! 撃たれたくらいじゃ死にませんw きっとアインも生きてるはず・・・(´;ω;`)ブワッ 今回は大部分が、ク...

    2009.06.16 (Tue) 16:55 | 空色きゃんでぃ
  • Phantom~Requiem for the Phantom~Mission-8【初回生産限定版~ドライ篇】 [DVD]出演:高垣彩陽販売元:メディアファクトリー発売日:2010-02-25クチコミを見る 偶然にもインフェルノのファントムが手を下した暗殺現場を目撃してしまった玲二。その代償は余りにも大きかっ...

    2009.06.18 (Thu) 13:24 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
あいうら (17)
AIKa (4)
アイドル事変 (1)
アクションヒロイン チアフルーツ (5)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (1)
R.O.D (1)
Wake Up, Girls! (18)
うしろのカノジョ (1)
ウマ娘 プリティーダービー (1)
Aチャンネル (93)
えとたま (4)
エンジェルフェイク 偽物天使 (18)
ガールズ&パンツァー (4)
快盗天使ツインエンジェル (3)
神様ドォルズ (1)
神様のメモ帳 (1)
かみせん。 (6)
かみちゅ! (4)
神のみぞ知るセカイ (2)
仮面のメイドガイ (1)
かんなぎ (1)
機動戦艦ナデシコ (1)
今日の5の2 (45)
キルミーベイベー (1)
gdgd妖精s (12)
クロムクロ (1)
月面兎兵器ミーナ (4)
ゴーゴーダイナマイツ (1)
GOSICK -ゴシック- (1)
これはゾンビですか? (1)
咲-Saki- (5)
残響のテロル (1)
C3 -シーキューブ- (1)
灼眼のシャナ (14)
女子高生GIRL'S-HIGH (26)
serial experiments lain (1)
白銀の意思 アルジェヴォルン (4)
スケッチブック (60)
ステラのまほう (1)
ストラトス・フォー (1)
セイレン (1)
ゼーガペイン (30)
瀬戸の花嫁 (2)
天体のメソッド (3)
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト (9)
宇宙をかける少女 (44)
そんな未来はウソである (44)
DARKER THAN BLACK (18)
TIGER & BUNNY (28)
でびどる! (1)
天使の3P! (1)
電波女と青春男 (2)
とある魔術の禁書目録 (10)
To LOVEる-とらぶる- (36)
Dororonえん魔くん メ~ラめら (2)
なぎさ食堂 (1)
ナジカ電撃作戦 (5)
夏色キセキ (6)
22/7(ナナブンノニジュウニ) (193)
猫神やおよろず (3)
バステティシャン (1)
花咲くいろは (1)
はなまる幼稚園 (16)
Panty & Stocking with Garterbelt (27)
BITTERSWEET FOOLS (1)
ファントム (48)
普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 (2)
フラクタル (12)
ぽてまよ (2)
炎のらびりんす (1)
マイアミ☆ガンズ (4)
魔法少女まどか☆マギカ (1)
魔法遣いに大切なこと (1)
みつどもえ (3)
みなみけ (167)
無敵看板娘 (1)
森田さんは無口 (195)
ゆるゆり (1)
らき☆すた (4)
ルパン三世 (13)
ロウきゅーぶ! (4)
アニメ・漫画総合 (20)
フィギュア総合 (2)
TV総合 (2)
声優 (9)
パソコン・IT関連 (8)
銃器 (2)
埼玉ショップガイド (4)
猫 (2)
お知らせ (9)
未分類 (0)