三四郎雑記2nd

【22/7】第8話感想 丸山あかねちゃんが眼鏡ロボ子になった理由

TVアニメ『22/7』第8話『ゆめみるロボット』の感想です!

【22/7】第8話感想 丸山あかねちゃんが眼鏡ロボ子になった理由

記事中にネタバレがあるので未視聴の方は閲覧注意!

公式情報

放送内容に関してはアニメ公式サイトから引用しておくぞい。

STORY
大規模なワンマンライブが決まり、張り切る22/7。大舞台を前に喜びをあらわにするメンバーの中、いつも通り冷静沈着、ロボットのようなあかね。そんな彼女はなぜアイドルになろうと思ったのか?――あかねの胸の奥に封印されているのは、故郷・北海道の大自然の記憶。幼いあかねの身に起こった生き方すら変えてしまう程の「ある事件」だった。

STAFF
脚本:佐藤亜美
絵コンテ:阿保孝雄
ライブコンテ:京極尚彦
演出: 髙橋さつき
総作画監督:田村里美
作画監督:辻 早智子、小菅和久、笠原由博

引用元:アニメ公式サイト

作品内のナナニジが所属している芸能事務所G.I.P.のブログ。第8話の関連記事がアップされている。

2017.9.XX
ワンマンライブありがとうございました!

22/7ワンマンライブ、お越しいただき誠にありがとうございました!…

丸山あかね役・白沢かなえさんのブログ。アニメ第8話に関連した情報が載ってるので必読ですよ!

アニメのストーリーを補完するコミカライズ第7話が公開中!サブタイトルは『ジュン×麗華』。アニメ第7話とは直接リンクはしてないけど、ずんちゃんの別の側面が描かれていてよき。

22/7+α

大好評放映中のアニメ『22/7』では語りきれなかった、もう一つの物語を『ないしょの京子姉さん』の葛西尚先生が紡ぎます。 ストーリー原案は『彼女、お借りします』の宮島礼吏先生! そして、デジタル声優アイドルプロジェクト『22/7』のプロデュースを務める、あの秋元康氏も企画協力!

ストーリー&感想

ライブコンテ担当の京極尚彦さんは『ラブライブ!』1期・2期の監督さんですね。ここ最近のアニメは1クール中盤の第6話~第8話あたりで万策尽きて総集編を放送する作品が多いが、第8話で豪華スタッフを揃えられるのはスゴイことだ。やはりこれも『壁』の力なのか!?

今回はあかねぇの当番回で、中の人(白沢かなえさん)はボイスサンプルでロリ声を出せることは知ってたけど、アニメの画面を通して聴くと可愛さ10割増し!現在のあかねぇとのギャップもよき。

アバンタイトル

前回のCパートで吐き出された『壁』の指令は「9月22日 3000人規模のワンマンライブを行う」というもので、結成半年程度のアイドルグループにとってはハードルの高いものだ。合田マネージャーが抑えた会場は「Jepp Tokyo」。ワンマンで3,000人規模のライブなので、ニコルんは一瞬驚きあっけにとられるが、すぐに気を引き締める。さすが22/7のエース!でも嬉しさが滲み出ていて可愛い。会場の元ネタは何の捻りもないけどZepp Tokyoですな。1階はスタンディングではなく座席モードにしたのかと思ったが、実はそうではなかったことがBパートで判明する。

TVアニメ『22/7』第8話 | アバンタイトル

お子ちゃまのずんちゃんを除き、ほとんどのメンバーは期待と不安が入り交じっているようす。そこで麗華様が気合いを入れてメンバーたちを鼓舞し、テンション MAX MAXアゲ⤴だぜ。 麗華様は時々ポンコツになるけど、リーダーらしくなってきて何よりだ。

TVアニメ『22/7』第8話 | アバンタイトル | 上野・不忍池 | 蓮の花

アバン冒頭で映っていた上野・不忍池に咲く蓮の花は何かの比喩か?蓮の花言葉は『離れゆく愛』『沈着』『清らかな心』『救ってください』『神聖』『雄弁』『休養』だけど、この後の展開を見ると『離れゆく愛』と『救ってください』あたりかな。蓮は4/18、7/3、7/8、7/16、8/15、9/26の誕生花でもあるが、あかねぇは9/8生まれなので、こっちの線は無さそう。

Aパート

G.I.P.のエントランスにある受付。この日の仕事が終わり、タイムカードに刻印するあかねぇの姿があった。芸能の仕事は不規則で、仕事だと割り切ることで集中力が増すという理由で打刻してるそうだ。しかもタイムカード本体(タイムレコーダー)は自前!刻印した後、バッグにしまってて吹いた。常にバッグに入れて持ち運びしてれば、休憩時間やロケ先でも入退時刻を刻印できるから確かに合理的だな。

TVアニメ『22/7』第8話 | Aパート

スタッフのお姉さんとニコルんの会話で、あかねぇのキッチリした性格や なぜアイドルになろうと思ったのかという話題になり、その流れでお姉さんは『丸山あかね』という名前に聞き覚えがあると言い出す。詳しく知らないということは、スタッフの間では個人情報がちゃんと管理されてるってことか。もっとも『壁』には個人情報保護やコンプライアンスという概念が無さそうだけどな(笑)。

ニコルんとあかねぇのツーショットの絡みは激レア。おいらの記憶が確かなら『22/7 計算中』でも無かったと思う。アニメのニコルんは意外と積極的っすな~。

スタッフのお姉さんの意味深発言を受けて、あかねぇの過去編に突入。舞台は9年前(2008年)の北海道。あかねぇの自宅だ。部屋のドアには『アトリエ シルクロ』というプレートが貼られている。まだ眼鏡ロボ子ではない7歳のロリあかねぇとお父さんが(CV:子安武人さん)が登場。ロリあかねぇはキャンバスに向かって筆を叩きつけてカラフルな前衛絵画を描き、お父さんはそれを煽っている。7歳のあかねぇは元気っ子キャラで、前回のずんちゃんとは真逆ですな。

TVアニメ『22/7』第8話 | Aパート

お父さんは娘に甘い典型的なダメ親父(まあCVが子安さんだしな)。一方、母親(CV:恒松あゆみさん)は娘に厳しく、ロリあかねぇが宿題もやらずにアトリエで遊んでいたことを叱りつける。アニメでよく見かけるベタな親子関係。ロリあかねぇは「アイドルになる」と宣言していたが、「やっぱ宇宙飛行士になる」とも言っており本気度は不明。どっちにせよAパート冒頭の「なぜアイドルになろうと思ったのか」というニコルんの発言とは繋がったな。

あかねぇのキャラクターデザイン(キャラ原案)は QP:flapperの小原トメ太さんで、北海道が舞台の無邪気なロリキャラだから『天体のメソッド』のノエルちゃんを思い出した。

時系列は2017年8月、Jepp Tokyoでのライブ当日となる。観客多すぎで物販は大繁盛。フラスタ(お祝いのフラワースタンド)には週刊マンデー編集部や英会話番組「えいごでenjoy!」など過去回に出てきた会社の名前が!本当に芸が細かい。

TVアニメ『22/7』第8話 | Aパート

本番前の最終調整が終わった後、ツーショットの自撮りをしてリーダーの麗華様に叱られるみゃーこ&ずんちゃん。このくだりは今週公開されたコミカライズ第7話と通じるものがあるな。麗華様はあーやも叱っていて、藤間桜チャンネルでお馴染みのママみ感が出てきた。

今回も安定安心の『さくみう』(桜×みう)。いつも一緒にいるよね(百合厨的眼福)。そして、あかねぇのライブにかける決意が表れている『眼鏡クイッ』最高かよ。

順番が前後するけど、みゃーこがニコルんを背後からハグして茶化すカットの百合感の無さよ。おいらの百合センサーが1ミリも反応しない。ただこの二人の絡みも珍しいよね。パッと思いつくのは『22/7 計算中』第24回放送で、みゃーこがウサギ好きのニコルんをディスった「ウサギなんかクソ食らえって思ってんねんで!」発言。

22/7 計算中 第24回 | 河野都 | ウサギなんかクソ食らえって思ってんねんで!

都「ウサギなんかクソ食らえって思ってんねんで!」

時系列は再び過去へ。北見山地の山深い場所に立つログハウスを訪れた丸山家の皆さん。お父さんはスケッチをしに山へ行き、お母さんは夫の忘れ物を届けに向かった為、ログハウスに残されたのはロリあかねぇ一人となった。出際のお母さんが「くれぐれも家を出ずにじっとしてること」と念を押してたけど、すげー分かりやすいフラグ。ロリあかねぇを逆に煽ってるようなものだ。熱湯風呂の真横で「熱絶対に押すなよ」と言ってるのに等しい(笑)。

TVアニメ『22/7』第8話 | Aパート

案の定、ロリあかねぇは母親の言いつけを守らずログハウスの外へ。一本道だから来た道を帰れば大丈夫という理由でお気楽に登山道(木道)を歩き始めたところ、木道の継ぎ目で躓き、そのまま山の斜面を転がり落ちてしまった。木がクッションになって最悪の事態は免れたものの、7歳の女児が一人で険しい斜面を登るのは絶望的。両親から当局に捜索願が出されたようで、TVニュースでも取りあげられる。報道によると行方不明になってから丸三日が経過しているという。やべぇぞ!やべぇぞ!急がないと72時間の壁を越えしまう!!

TVアニメ『22/7』第8話 | Aパート

ロリあかねぇは朽ち果てた山小屋の中で雨をしのいでいた。捜索隊300人体制で三日間も発見できなかったのだが、奇跡は起きた。単独で山中に入り、娘を探していたお母さんが山小屋の中にいるロリあかねぇを発見したのだ。そんな軽装で捜索するなんて下手すると二次遭難になるパティーンじゃないですか(戒め)。ロリあかねぇが山小屋でじっとしていたのは、母親の言葉を守ったから。母の言いつけを破って遭難したが、言いつけを守ったことで助かる。何という皮肉!まあ何はともあれヒグマがでなくて良かったわ~。

しかし、この遭難事件をきっかけに両親の仲は険悪化。それを週刊誌が嗅ぎつけ、感動の物語は一転してゴシップとバッシングに切り替わる。その結果ついに二人は離婚。ロリあかねぇは母親に付いていくことに。まったく最低だな『週刊TRY DEN』!

「自分の気まぐれで気分屋なところが家族を深く傷つける」

「私が感情的になると誰かが不幸になる」

そう思ったロリあかねぇは眼鏡をかけ、感情の無いロボットになった⋯。今回はキャラの過去編で誰も死ななかったけど、これはこれで重くてキツいな。眼鏡は自分を戒めるアイテムであり、レンズ越しに世界を見ることで感情をコントロールしようと思ったのかもしれない。7歳の女児にしては深いな。ていうかキャラのギャップがスゴイ。

TVアニメ『22/7』第8話 | 丸山あかねと父親のアンダーリム眼鏡比較

アンダーリムなので父親の眼鏡かと思ったら色が違ってた。ただアンダーリムは珍しいので、父親のお古または眼鏡に父の面影を求めている可能性も⋯。

Bパート

開演間近となったJepp Tokyo。舞台袖で緊張しまくるみゃーこが可愛い(小並感)。『22/7 計算中』第75回でも見受けられたが、けっこうビビりなんだよな。第3話の機材トラブルを思い出してピアノを探してる描写は吹いた。

TVアニメ『22/7』第8話 | Bパート

この場面では、みゃーこを中心にメンバー同士の絡みが多くて楽しい。

  • 「アイドルとしてのプライドを何処に置いてきた」と、みゃーこにツッコミを入れるあーや。アニメではツッコミ担当が定着してきたな。
  • 「ダッテ アカネェハ ロボットナンダモーン」と、あかねぇを揶揄するずんちゃん。誰かツッコんであげて!
  • 「はいはいそうですね」と、みゃーこを軽くあしらうあかねぇ。『22/7 計算中』でよく観た光景。
  • ランランは自分の手のひらに「人」という文字を書き、みゃーこに無理やり食べさせる。「日本では緊張したとき人を食べる」だと!?ここでもランランの隣にはやっぱり滝川ちゃん。
  • ずんちゃんは手のひらに書いた「人」を30人ほど食べちゃってます。とても緊張しぃには見えないけど、前回の過去話の件もあるし、素はけっこうビビりなのかもしれない。
  • ずんちゃんの手を掴み「じたばたしない。大丈夫。私達もう初めてじゃないのよ」と諭すニコルん。この二人の絡みも珍しい。ていうかアニメのニコルんは他のメンバーにぐいぐい行くスタイルですね。
  • 麗華様は「そうね。やれるだけのことはやったし」と、ニコルんの言葉に相槌を打つ。
  • 「きっと素敵なライブにできると思う」と言う滝川ちゃん。はにかんだ笑顔が尊い。

そして例の円陣である。掛け声は第5話で始めた『お好み焼き』の食材だ(笑)。一発ネタかと思ったらマジで続けていたのか。

  • みゃーこ「薄力粉
  • ランラン「豚肉
  • 滝川ちゃん:「キャベツ
  • あーや「長芋
  • ずんちゃん「天かす
  • 麗華様「紅生姜
  • あかねぇ「干しエビ
  • ニコルん「玉子
  • 全員「ひっくり返してナナブンノニジュウニ

みゃーこがあかねぇのことを「あかねっち」と呼んでるカットがあったけど、今回が初めではなく【河野都】都の相方芸人を探せ!withあかねで既に言ってる。呼称表にも載せてあるので気になる人はご覧ください。

【22/7】キャラクターの呼称表を作ってみた

22/7(ナナブンノニジュウニ)のキャラクター全11名が お互いをどう呼び合っているのか調べ、呼称表にまとめてみた。呼称が全て判明しているわけではないので暫定版だけどね。今後、新たな情報が入り次第、この記事に追加していく予定。2020年02月03日:立川絢香(呼ぶ側)→斎藤ニコル(呼ばれる側)の呼称を追加2020年02月02日:立川絢香(呼ぶ側)→滝川みう(呼ばれる側)の呼称を追加2020年01月20日:...

会場名の元ネタはZepp Tokyoだけど中は違ってた。ホールの両サイドに2階席と3階席がありますやん。Zepp Tokyoの1階を座席モードにしたのではなく、内部に関しては別の場所がモデルまたはアニメオリジナルってことか。

いよいよライブがスタート!1曲目は3rdシングルの『理解者』だった。オープニングのCGモデルと比べると、バージョンアップされたのか多少肉感を感じる(ように見える)。ライブの臨場感を高めるため、ガヤでリアルなコールが入っててよき。

途中ステージ背後のスクリーンにキャラクターデザイン(キャラ原案)を映し出す小ワザの効いた演出も心憎い。カメラアングルの引きとアップのバランスもすばらっ!さすが『ライブラブ!』の監督だぜ!このライブは3,000人規模って言ってるけど、中央奥にも3階席があるし4,000人弱いるんじゃないか?

TVアニメ『22/7』第8話 | Bパート

TVアニメ『22/7』第8話 | Bパート

ライブシーンを『理解者』MVと比較するのも一興。MVではソロパートがドラマ風の映像になっている。

『理解者』のCDは3タイプある。どれか一つだけ買うなら「22/7 割り切れないライブ ~シャンプーの匂いがした~ @ディファ有明(2018.2.27)」とメイキング映像のDVDが付いてくるType-Bがオススメです。

理解者(Type-A)(DVD付)
理解者(Type-B)(DVD付)
理解者(通常盤)

残りのライブシーンは尺などの都合で、枚数を削減した作画+キャラのモノローグ。こういった構成はアイドルアニメあるあるですな。

TVアニメ『22/7』第8話 | Bパート

みう「声が、聞こえる」

桜「お客さんの声」

都「みんなの声」

麗華「ここにファンのみんながいて」

ジュン「私たちがいて」

絢香「今、この瞬間」

ニコル「ひとつになる」

会場から沸き起こる「ナナニジ」コール。3,000人規模(推定4,000弱)のアンコールに、AIロボットあかねぇの目から涙がこぼれ落ちる(オイルじゃないよ!)。ここまで感情を抑えていたが、心の奥底で眠っていた幼い頃の「アイドルになりたい」という想い。それがこの大勢のファンが集まったライブで叶ったから、感情リミッターが振り切れたのだろう。眼鏡を外す描写は激レアだ。

一方、芸人だけどガチで涙もろいみゃーこ&お子ちゃまのずんちゃんも、あかねぇの涙を見て貰い泣き。あかねぇ抱きついてるけど、後にこの二人はタッグを組み『22/7 計算中』(仁義なきフィッシング対決!!)であかねぇに勝負を挑むんですけどね(笑)。

TVアニメ『22/7』第8話 | Bパート

今回はあかねぇの当番回だけど、滝川ちゃんのターンも挿入。ステージの袖にはけた後「楽しかった⋯よね?」と笑顔で訊き、あかねぇの涙を見て感傷に浸っているメンバーに「(アンコールに)行こう!」と促す。モノローグ(下記参照)にも前向きな気持ちが表れ始めていて、主人公の風格が出てきましたね。陰キャだった あの滝川ちゃんが、ついにここまで成長したかと思うと感慨深い。

みう「私はアイドルのことも、自分のこともあまり好きじゃない。何のために歌って踊っているのか。答えはまだ見つからない。でも確かなことはある。それは、私は22/7が好きだ!」

夕日が映える出版社ビルの一室で単独インタビューを受けるあかねぇ。インタビューアーがライブであかねぇが泣いていた件を尋ねたところ、「泣いてたという言葉の定義は⋯」と煙に巻き、時間が来たからと言って取材を切り上げていくスタイル。いつものロボ子に戻った。インタビューアーのCVはエンディングクレジットに無かったけど、父親役をやってた子安さんか?

TVアニメ『22/7』第8話 | Bパート

この出版社は『週刊マンデー』の発行元だけど、『週刊ヤングステップ』とか『月刊歌姫グランプリ』という雑誌も発行しているもよう。「ヤングステップ」は「ヤングジャンプ」、「歌姫グランプリ」は「声優グランプリ」かな?フォントオタク的には誌名ロゴのフォントに見覚えが⋯。以前「マンデー」のフォントは調べたので、この二つも時間があったら調べます。

【22/7】TVアニメ第4話に出てきた『週刊マンデー』のフォントを調べてみた

『22/7』のフォント調査・第9弾。TVアニメ第4話に『週刊マンデー』という漫画雑誌が登場し、表紙や巻頭グラビアにフォントが使われていたので調べてみたぞい。...

【2020年3月7日追記】『週刊ヤングステップ』と『月刊歌姫グランプリ』のタイトルロゴで使われいてるフォントを調べた。

【22/7】TVアニメ第8話に出てきた『ヤングステップ』『歌姫グランプリ』のロゴフォントを調べてみた

『22/7』のフォント調査・第10弾。TVアニメ第8話に『ヤングステップ』『歌姫グランプリ』という雑誌が登場していたが、タイトルロゴがどう見てもフォントなので調べてみた。...

ここでまさかの入浴シーンだぜ!事務所の地下5階にある銭湯で、俯せ状態で湯船に浸かるというエキセントリックな入浴法だ。まるで生体アンドロイドがメンテナンス用の液体に入ってる感じ。眼鏡を完全に外してるあかねぇは激レアっすな~。

TVアニメ『22/7』第8話 | Bパート

湯上がりした後、左手を腰に当て牛乳をグイッと一気に飲み干すスタイル。実はこのポーズは理にかなっているらしい。以前「チコちゃんに叱られる!」で見た。確かこんな理由だったと思う。

  1. 牛乳ビンは飲み口が大きく飲むとき鼻に当たる。
  2. 鼻に当たるのを避けるため、無意識に体をのけぞらせてしまう。
  3. のけぞらせた際、つい腰に手を当ててしまう。

牛乳を飲み干した後、銭湯に他のメンバーがやって来て、あかねぇとバッタリ遭遇したところでBパートは終了ですが「何か?」。

第8話が終わった後のあかねぇのツイートがタイムリーだった。

エンディング(ED)

今回のエンディングはあかねぇのソロED曲『感情無用論』。いつもどおりBS11、TOKYO MXでの放送終了直後、22/7 OFFICIAL YouTube CHANNEL に動画がアップされた。

作曲のSaquiさんの情報はググっても発見できなかった。編曲のAPAZZIさんは乃木坂46『インフルエンサー』の編曲で知られ、22/7では『人格崩壊』の作曲・編曲、『絶望の花』の編曲をされている方だ。

APAZZI

2013年、スターダスト所属アイドル ”私立恵比寿中学生”のシングル『未確認中学生X』 の 楽曲提供にて、デイリー1位&ウィークリー4位を記録し、twitter等で ”未確認なAPAZZI”と話題になる。2014年には、…

Cパート

珍しく『壁』の指令が出ないCパート。なん⋯だと⋯滝川ちゃんが埼玉の実家を出て入寮だと⋯。団地住まいお母さんと妹ちゃんはもう見れないパティーンか?(困惑)ランランが「お泊まりとかできるね!」と喜んでるのは、直球すぎぃ!これはもう愛の巣が誕生ですかね?(百合厨的推測)

TVアニメ『22/7』第8話 | Cパート

おやおや、ニコルんもやって来ましたぞ。え?え?どゆこと?ニコルんも入寮するの?でも荷物少なくね?などと困惑してたら、みゃーこのセリフで分かった。引っ越し祝い的なパーティーですか、そうですか。寮の中で百合的修羅場が見れると思ったのにぃ!

あっ!最後のカットで滝川ちゃんがウサギのヘアピン付けてる!第3話でニコルんがプレゼントしたやつ。これはまだニコルんにも勝ち目があるってことですかね(百合厨的好奇心)。

次回予告

次回のサブタイは『お星さまのララバイ』。あーやの当番回だ。第5話・Bパートの最後のシーン第6話第7話の伏線になっていたので、あーやの過去話は『漫画を描く趣味』と関係してそう。

TVアニメ『22/7』第8話 | 次回予告

お星さまのララバイ

【2020年3月7日追記】Web予告動画が公開された。

関連記事

【22/7】過去記事まとめ

当ブログに掲載している『22/7(ナナブンノニジュウニ)』の記事が増えてきたので、過去記事へのリンクをまとめてみた。今後、ナナニジ関連の記事をアップした時はこのまとめに追加していくぞい。もし気になる記事があったら読んでみてね。...

【22/7】第7話感想 戸田ジュンちゃんの重くて悲しい過去に全俺が泣いた

TVアニメ『22/7』第7話『ハッピー☆ジェット☆コースター』の感想です!記事中にネタバレがあるので未視聴の方は閲覧注意!...

『22/7 計算中』丸山あかねちゃんの恐怖のカウントに戦慄が走る!

11月23日(土)放送の『22/7 計算中』第73回は、芸能界世渡り上手クイーンの座を賭けた『芸能界こんな時どーするグランプリ!』だ。 記事中にネタバレがあるので未視聴の方は閲覧注意!...

【22/7】丸山あかねちゃんのキャラが崩壊する

藤間桜YouTubeチャンネルで新作動画が公開された。今回のゲストは丸山あかねちゃんなんだけど、カオスな展開に巻き込まれてキャラ崩壊!...

【22/7】藤間・戸田・丸山のアイドルユニット爆誕!

22/7 藤間桜チャンネルで藤間桜・戸田ジュン・丸山あかねのアイドルユニットが誕生したぞい。...

関連サイト

Amazon.co.jp

【Amazon.co.jp限定】ムズイ(Type-A)(オリジナルポストカード付)
【Amazon.co.jp限定】ムズイ(Type-B)(オリジナルポストカード付)
ムズイ(通常盤)
スポンサーサイト



三四郎.
Posted by三四郎.

Comments 4

There are no comments yet.

nanashi

麗華さまとの絡み少ない?

あかねえは
「先輩アイドルのキャッチフレーズで穴埋めクイズ!」で
らんらんのセリフ「まあたそさんしか知らないの」に
ツボって笑い続けたり、

22/7計算中のダンス回だったと思うのですが
緊張しているのに、緊張していないって言い張ったり、
(記憶があいまいです…)

時々こぼれ出す
感情表現がとっても可愛いです♪

オフィシャルブログの154は、完全に見落としていました!
こういったフォローはとってもありがたいです。
しかしコミカライズは単行本を購入するまでガマンガマン…。
2巻が待ち遠しいけど、
この待ち遠しい気持ちも嬉しかったりして。
計算中シーズン2もあるし、こんなに幸せで良いのかしら?

しかしサイト主さまのブログの内容は
情報量・リンク共に充実していて
すごいですね!
いつも本当にありがとうございます!!

2020/03/03 (Tue) 18:01
三四郎.

三四郎.

Re: 麗華さまとの絡み少ない?

◆nanashiさんへ

コメントありがとうございます。

> あかねえは
> 「先輩アイドルのキャッチフレーズで穴埋めクイズ!」で
> らんらんのセリフ「まあたそさんしか知らないの」に
> ツボって笑い続けたり、

笑いのツボが独特です。
計算中のスケッチ回でライオンの交尾を見て爆笑してましたし。

> 22/7計算中のダンス回だったと思うのですが
> 緊張しているのに、緊張していないって言い張ったり、
> (記憶があいまいです…)

ダンス回以外でも小宮氏や相田氏のツッコミに対して
冷静を装いつつムキになって反論してましたね。

> 時々こぼれ出す
> 感情表現がとっても可愛いです♪

第8話を観て時々感情がこぼれだす理由がよく分かりました。
計算中の頃からあかねぇを知ってると、
今回みたいな話はニヤニヤが止まりません。

> オフィシャルブログの154は、完全に見落としていました!
> こういったフォローはとってもありがたいです。
> しかしコミカライズは単行本を購入するまでガマンガマン…。
> 2巻が待ち遠しいけど、
> この待ち遠しい気持ちも嬉しかったりして。
> 計算中シーズン2もあるし、こんなに幸せで良いのかしら?

もはや死語ですが土曜日の前の花金気分w

> しかしサイト主さまのブログの内容は
> 情報量・リンク共に充実していて
> すごいですね!

最近、22/7関連の情報が多くなり嬉しい悲鳴!
ここまで増えるとブログで取りあげる時に情報漏れがあると思います。

> いつも本当にありがとうございます!!

こちらこそいつもコメントいただきありがとうございます。

2020/03/03 (Tue) 21:46

ロッパ

眼鏡装着と言うロボットスイッチをオンにした状態でも素が出てしまったライオン交尾w
計算中の中でも屈指の神シーンだと思ってます。

某画像掲示板で「白沢さんがSRで計算中のキャンプ回で『山をナメないでください』と発言したのは実は伏線だった(あの発言は狙っていた)と語っていた」というのを見て、実際にSRを見たら本当にそう言っていて、そんな前からこまかい設定があったのか…と驚きました(もしかしなくても、キャラができた時点であった?)。
1年越しの伏線回収。白沢さんの執念に感服です。

2020/03/04 (Wed) 02:15
三四郎.

三四郎.

◆ロッパさんへ

> 眼鏡装着と言うロボットスイッチをオンにした状態でも素が出てしまったライオン交尾w
> 計算中の中でも屈指の神シーンだと思ってます。

しかもライオンの交尾を目撃したのはみゃーこで
それを見てあかねぇがボケる(?)という
「あの日の彼女たち」コンビによる連携プレイなんですよね。
バラエティ的にも神ってると思います。

> 某画像掲示板で「白沢さんがSRで計算中のキャンプ回で『山をナメないでください』と発言したのは実は伏線だった(あの発言は狙っていた)と語っていた」というのを見て、実際にSRを見たら本当にそう言っていて、そんな前からこまかい設定があったのか…と驚きました(もしかしなくても、キャラができた時点であった?)。
> 1年越しの伏線回収。白沢さんの執念に感服です。

つまり計算中のキャンプ回の時点でアニメ第8話のプロットが完成していた!
そうなるとあかねぇ以外のキャラにも似たような伏線があるかも!?
ナナニジというコンテンツは奥深い!改めて再認識しました。

2020/03/04 (Wed) 02:33
  • コメントは承認制です。管理人が内容を確認するまで公開されません。コメント公開まで時間がかかることがありますが、ご了承ください。
  • 記事内容と関係のない宣伝コメントやスパムコメントは予告なく削除します。
  • 「SECRET」にチェックを入れると非公開コメントになり、管理人だけが閲覧できます。非公開の理由を考慮し、SECRETコメントには返信をしていません。

Trackbacks 0

Click to send a trackback(FC2 User)
  • トラックバック(TB)は承認制です。管理人が内容を確認するまで公開されません。TB公開まで時間がかかることがありますが、ご了承ください。
  • 記事内容と関係のないTBは予告なく削除します。
この記事へのトラックバック
あいうら (17)
AIKa (4)
アイドル事変 (1)
アクションヒロイン チアフルーツ (5)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (1)
R.O.D (1)
Wake Up, Girls! (18)
うしろのカノジョ (1)
ウマ娘 プリティーダービー (1)
Aチャンネル (93)
えとたま (4)
エンジェルフェイク 偽物天使 (18)
ガールズ&パンツァー (4)
快盗天使ツインエンジェル (3)
神様ドォルズ (1)
神様のメモ帳 (1)
かみせん。 (6)
かみちゅ! (4)
神のみぞ知るセカイ (2)
仮面のメイドガイ (1)
かんなぎ (1)
機動戦艦ナデシコ (1)
今日の5の2 (45)
キルミーベイベー (1)
gdgd妖精s (12)
クロムクロ (1)
月面兎兵器ミーナ (4)
ゴーゴーダイナマイツ (1)
GOSICK -ゴシック- (1)
これはゾンビですか? (1)
咲-Saki- (5)
残響のテロル (1)
C3 -シーキューブ- (1)
灼眼のシャナ (14)
女子高生GIRL'S-HIGH (26)
serial experiments lain (1)
白銀の意思 アルジェヴォルン (4)
スケッチブック (60)
ステラのまほう (1)
ストラトス・フォー (1)
セイレン (1)
ゼーガペイン (30)
瀬戸の花嫁 (2)
天体のメソッド (3)
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト (9)
宇宙をかける少女 (44)
そんな未来はウソである (44)
DARKER THAN BLACK (18)
TIGER & BUNNY (28)
でびどる! (1)
天使の3P! (1)
電波女と青春男 (2)
とある魔術の禁書目録 (10)
To LOVEる-とらぶる- (36)
Dororonえん魔くん メ~ラめら (2)
なぎさ食堂 (1)
ナジカ電撃作戦 (5)
夏色キセキ (6)
22/7(ナナブンノニジュウニ) (187)
猫神やおよろず (3)
バステティシャン (1)
花咲くいろは (1)
はなまる幼稚園 (16)
Panty & Stocking with Garterbelt (27)
BITTERSWEET FOOLS (1)
ファントム (48)
普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 (2)
フラクタル (12)
ぽてまよ (2)
炎のらびりんす (1)
マイアミ☆ガンズ (4)
魔法少女まどか☆マギカ (1)
魔法遣いに大切なこと (1)
みつどもえ (3)
みなみけ (167)
無敵看板娘 (1)
森田さんは無口 (194)
ゆるゆり (1)
らき☆すた (4)
ルパン三世 (13)
ロウきゅーぶ! (4)
アニメ・漫画総合 (20)
フィギュア総合 (2)
TV総合 (2)
声優 (9)
パソコン・IT関連 (8)
銃器 (2)
埼玉ショップガイド (4)
猫 (2)
お知らせ (9)
未分類 (0)