前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

【セイレン】タイトルロゴの書体を調べてみた

TVアニメ『セイレン』のタイトルロゴで使われている書体(フォント)を調べてみたぞい。

セイレン タイトルロゴ


『セイレン』はタイトルロゴもセイレンカレン

セイレン タイトルロゴ
OP映像のタイトルロゴ

『セイレン』のタイトルロゴのベースになっているのは、SCREENグラフィックアンドプレシジョンソリューションズのヒラギノ明朝体 W5という書体。macOS、iOSにヒラギノ明朝体 W3/W6が標準搭載されてるから、フォントに興味無くても名前ぐらいは聞いたことがある人も多い筈。

セイレン タイトルロゴのフォント(ヒラギノ明朝体 W5)
普通に打ち出したフォント

普通に打ち出したフォントとタイトルロゴを見比べてもらえれば、文字の形に手を加えているのが分かる。

文字幅を広げた「イ」「レ」「ン」

「イ」「レ」「ン」の3文字は、文字の水平比率(幅)を広げるとロゴと一致する。

セイレン タイトルロゴのフォント イ・レ・ンの文字幅を変える

文字の水平比率の設定は114%ぐらい。

エレメントも加工している「セ」

先頭の「セ」は文字幅を広げただけでなく、エレメント(文字を構成するパーツ)も加工している。何しろ「セ」の1画目をロゴに合わせようとすると2画目がズレ、2画目を合わせようとすると今度は1画目がズレるから。

セイレン タイトルロゴのフォント セの1画目に合わせる

1画目に合わせると2画目が右にズレ、縦方向が短くなる。

セイレン タイトルロゴのフォント セの2画目に合わせる

2画目にを合わせると、1画目が左にズレる。

セイレン タイトルロゴのフォント セのエレメントを加工する

文字をアウトラインに変換してロゴに合わせてみた。

セイレン タイトルロゴのフォント(ヒラギノ明朝体 W5を加工して出来た文字)

実際のロゴは、この文字ベースにして境界線を付けたり、グラデーションを掛けたり、光彩(外側)の処理を加えたりしている。

ヒラギノ明朝は「都会的」「モダン」「シャープ」「クール」「きらびやか」「上品」「優美」といった言葉で語られることが多い書体。セイレン(清廉)カレン(可憐)な『セイレン』のロゴにはピッタリだね!

宮前先輩かわいー!(唐突)

フォント関連の記事
■ 『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。OVA Vol.2』劇中PVのテロップがOffice付属フォントだった
■ 【アイドル事変】タイトルロゴの書体を調べてみた
■ 【クロムクロ】第19話で鬼がメッセージに使ったフォントを調べてみた
■ 【Aチャンネル】ユー子が怖がっていた書体を調べてみた
■ 【Aチャンネル】劇中歌の歌詞字幕フォントがTV放送とBDで違う件
■ 【Wake Up, Girls!】新ユニット『WI7ners』のロゴ書体を調べてみた
■ 『Wake Up, Girls!』のタイトルロゴ書体を調べてみた
■ 「あいうら」のタイトルロゴ書体を調べてみた
関連サイト
■ 「セイレン」 公式ホームページ (TBSテレビ)
■ セイレン(@anime_seiren) (公式Twitter)
■ セイレン [最新話無料] (ニコニコチャンネル)
■ セイレン (アニメ) (Wikipedia)
■ セイレンとは (ニコニコ大百科)
■ セイレンとは (ピクシブ百科事典 )
[PR]
B01N5ONGV5セイレン 第3巻 宮前透 上巻 [Blu-ray]
ポニーキャニオン 2017-06-07

B01MTVXSL6【Amazon.co.jp限定】TVアニメ「セイレン」エンディングテーマ2 ムテキの女神(「エンディングテーマ1-3連動購入特典:2L判ブロマイド 宮前透」引換シリアルコード付)
宮前透(CV:下地紫野)
ポニーキャニオン 2017-02-22

スポンサーサイト

| セイレン | この記事のURL | comments:0 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/1045-fa72f92d

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事